安心の60年保証

 住宅において重要なの構造・防水の不具合の責任期間は、法律で10年と定められており、10年保証が一般的です。

 家電製品のメーカー保証と同じように、保証期間の終了後は施工不良であっても、お施主様皆さまに補修費用をご負担いただくこととなります。

 弊社では、お客さまに末永く安心して暮らしていただけるよう、施工品質に対する自信を初期20年保証に加え、延長により長期60年の長期保証という形でご提供させていただいております。

建物最長60年保証3つのポイント

■ 最長60年間の保証でお客様に安心をお届けします。

長期間の保証で、末永く安心して暮らしていただけるようサポートいたします。

■ メンテナンス保証で住宅の長期的な維持管理に貢献します。

20年保証の後に10年目ごとにメンテナンスを実施することで、保証を延長していきます。本来、周辺環境や自然災害の影響など住宅によってメンテナンスの時期は様々ですが、弊社では、住宅の状態に合わせて適切な時期にメンテナンスをご提案しますので、ご安心ください。

■ 倒産、廃業時でも保証が継続します。

弊社が万が一、倒産、廃業してしまったときでも、第三者機関による保証を付けておりますので、お客さまをしっかりとお守りできる体制となっています。※引渡しより10年間につては、弊社に万が一廃業や倒産等が生じている場合でも、住宅瑕疵担保責任保険によりお客さmに補修費用が支払われます。

保証期間について

    第三者検査機構による施工状況確認検査 詳しくみる>>

保証の対象となる基本構造部分

保証内容について

新築工事の保証

基本構造部分である構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分で新築工事の不具合があった場合、修補工事が保証対象となります。

メンテナンス工事の保証

新築工事の保証対象部分での有償メンテナンス工事に不具合があった場合、修補工事が保証対象となります。
※ メンテナンス工事の保証は新築時から保証を付保している場合に限り、ご利用いただけます。

補修工事の為の転居費用の保証

補修工事による転居が必要となった場合に、発生した転居費用(限度額10万円)を保証が保証となります。

倒産、廃業時の保証

弊社が万が一 倒産、廃業してしまったときでも、第三者機関による保証が継続します。
※ 保証期間は原則、倒産、廃業時点での保証期間満了時までとなります。